TOPページ > 設備紹介

設備紹介

ハンフリー視野計

自分で気づくことができない視野の異常を見つけることができます。緑内障があるかどうかの診断や初期の緑内障の変化を検出します。また、電子カルテと連動して自分の病状の経過を見ることができます。          

ゴールドマン視野計

ハンフリーでは測ることのできまい広範囲の視野を測ることができます。主に中期から末期緑内障の経過をとらえることができます。

眼軸測定

超音波測定と光眼軸測定の2種の方法によって患者様に負担なく、正確に眼球の長さを計測します。誤差なく計測することによって白内障手術で使用する眼内レンズを正確に選択します。

電子カルテ

映像で眼の状態を説明することによって患者様にもわかりやすく自分の病気を理解して頂くことができます。また、画像や検査データをすべて記録していますので自分の病状の経過を比較することできます。

レーザー

網膜隔離への進行を予防したり糖尿病による網膜症の進行を予防することができます。また、糖尿病網膜症のよる視力低下があれば網膜の中心付近にレーザーを行うことで網膜の浮腫が改善して視力を上げることもできます。

眼底カメラ

無散瞳眼底カメラは眼底(網膜)を検査するカメラです。糖尿病網膜症やその他の眼底出血などを撮影して写真はその場ですぐにみることができるので、より詳しい病状説明が可能です。